2012年01月12日

川島和正の「なぜ、働かないで年収1億円になれたのか?」

川島和正の「なぜ、働かないで年収1億円になれたのか?」を読みました。



スーパーアフィリエイターの川島さんの本ですね。



実は稼ぐノウハウの本かと思って購入したんですが、違いました。


「目標を立てて、行動計画を立てて、実践していく」


そういうことが書いてある本でした。


ま、がっかりしたんですが、これはこれでいいこと書いてあると思います。




効率の良い行動をしよう。とする部分はホリエモンに似てるかもしれません。


脳のこと、体のこと、逆に止める行動について、など、目標を達成するために徹底的になるというのは、そこそこ説得力があります。


自分としては、本の構成が、最初にメンタル面が載ってて、途中以降から実践方法や知識があったりするのが変に感じたりもします。


もっと最初に全体の構成を教えといて、途中にダメになりがちなメンタル面などあったほうが、しっくりくるんですが。


単行本で出したものの、加筆したものですね。


でもタイトルが全然違いますよね。


私の行動管理、達成方法とか書けばいいのに。



「1億稼ぐようになった私の方法」とかならあってますね。



それか、行動計画表などあるので、B5版の手帳で計画表などを記述できるものを出せばよかったのに、と思ってしまいました。



川島実現手帳とか、川島目標達成手帳とか・・・




もっと社会貢献などについて、沢山記述があると、社会的に格がついていいんですけどね。




なぜ、働かないで年収1億円になれたのか?: 仕事、恋愛、健康、旅行、買物……全ての夢をかなえた私の方法 (王様文庫)

新品価格
¥600から






なぜか、最初はアフィリやDSと、ちょっと違う本になってしまいましたね(笑)


あと、もうタイトルに「なぜ〜〜なのか?」としても読む確率は落ちてますよね。





いや、でも待てよ・・・


受験生や就職活動をしている学生さんの方が有効な本なのではないでしょうか?

ま、今年の受験は間に合わないですけど、自分が合格する確率の高い大学を探すための方法が載ってたりしますよね。



就活をする学生にとっても、どの企業を狙うべきか、またそれよりも先に自分の行きたい会社や職種はなんだろうか?

そんなところから考えて、自分に合った仕事を的確に見つけて、尚且つしっかり内定がもらえるという必勝法に近いのではないだろうか?


大学生や高校生が読んでもいい本かもしれない。

むしろ他の人が読んでないなら、読んで実践してみるべし。

posted by 本山 at 22:28| Comment(0) | 関連本・他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: