2013年01月08日

一億ドルを動かす男

もし、あなたが、

・ 売り込みをする時、どれくらいの時間すればよいんだろう?
・ その時間内でどんなことを言えばいいんだろう?
・ それをどんな順番で進めればよいのだろう?
・ プレゼンで大成功した人は何を提示しているんだろう?
・ その時、どんな説得方法を使っているんだろう?
・ その相手は、なぜ説得されたんだろう?

といった状況にあるなら、この新刊本の

「シリコンバレーの交渉術 YESを引き出すの脳科学」

はあなたにとって非常に役に立つ本になるかも知れません。


http://123direct.info/tracking/af/526271/z6yhpmnW/


最新のニューロエコノミクス(神経経済学)分野の
研究成果によると、すばらしい売り込みというのは、
技術でなく科学だということが明らかになってきました。

実は著者のオーレン・クラフによると
売り込みが上手くいくかどうかの鍵は
人間の脳の構造に隠されていたと言うのです。

人間の脳は3つの領域に分けられます。

1つは知覚や思考などを司る大脳新皮質。
その下にあるのが感情や記憶を司る大脳周辺系。

そして最後の1つが、
売り込みや説得の成功の”鍵を握る”
脳幹と言われる「本能」を司る部分です。

オーレン・クラフはこの脳の仕組みを応用して
脳が受け入れやすい交渉メソッドを開発。

シリコンバレーの大きな資金調達交渉を
いくつも成功させてきました。

しかし、なぜ売り込みや説得において成功の鍵を握るのが
思考を司る大脳新皮質ではなく脳幹なのでしょうか?

そして、オーレン・クラフの
脳が受け入れやすい交渉メソッドとは
一体どんなものなのでしょうか?

それは、、、


http://123direct.info/tracking/af/526271/z6yhpmnW/





あなたは、スティーブ・ジョブスや孫正義のような交渉術を身につけたいですか?

http://123direct.info/tracking/af/526271/z6yhpmnW/


posted by 本山 at 16:15| Comment(0) | 商材・商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: