2014年02月19日

ホンマでっかTVで有名な澤口俊之の天才幼児への教え

ホンマでっかTVで有名な澤口俊之の天才幼児への教え



ホンマでっかTVは、好きです。
今日の夜にも放送がありますね。

話の内容の真偽は確かとは言えないんですが、意外な発見があるので好きなんです。

ただのためになるような話だけでなく、そこに明石家さんまが笑いの要素を添加
していくんです。

カトパンの「わぁーーーー」というような驚いた表情も、スパイスになっていますし、
ブラマヨの吉田の変なボケに小杉がつっこむ場面もいいんですよね。




先生方もキャラが強烈な人が多いですよね。

ですが、その中では、最近の澤口先生のキャラは、失敗して、
すぐすねてるようなキャラになってますよね。

昔はかっこよくて、ズバッと論理でぶった切るかんじでしたが、
今は微妙になっていますね。




そんな澤口先生は、本を何冊も出している脳科学者ですね。
そして、期間限定で販売しているのが、

天才幼児を育てるためのものです。



ある年齢」までが幼児教育としては効果があるんです。
その「ある年齢」とは一体何歳なのでしょう?


A澤口俊之の幼児教育バイブル【3日間限定価格】




親が悩みで多いのは、子どものしつけや、子供への効率的な学習方法でしょうか?

早く、色々憶えて欲しい。
利口な子でいて欲しい。
人見知りしない子でいて欲しい。
明るく前向きな子でいて欲しい。
言うことを聞く子でいて欲しい。

などでしょうか?


あなたは、お子さんに、将来、どんなふうになって欲しいですか?


澤口俊之
posted by 本山 at 10:10| Comment(0) | 学習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: