2014年03月08日

アフィリ講座 31 リンク

【アフィリ講座 31 リンク】


今回は、リンクについて説明していきましょう。
ちゃんと書かずに、飛ばしてしまっていたんですよね。

リンクというのは、本来はハイパーリンクといって、
論文などで、別の文献を参照するときに使われていたものです。

紙の上に活字で印刷されるものだと、引用して書くか、
出どころを表記しておくしかないですよね。
でも、ウェブ上だと、その元のページへ移動させることが出来るんです。

そうして始まったのが、リンクなんですよね。
今では、よそへ飛ばす、あるいは、誘導する、というような
意味合いに変わっていますよね。


HTMLタグで、

(a href="A")B(/a)

A=行き先のURL
B=行き先の名称

と表記します。
ですが、半角の()ではなくて、本来は半角の<>を使うんです。

このブログは<>で囲ってしまうと、表示されなくなってしまうんです。

<a href=""></a> カッコだけ全角にすると、こうなります。


基本は、タグはセットで使います。
<a>という開始のタグと、</a>という締めのタグのセットなんです。
その<a>のタグの中に、特徴を加えたのが<a href="">なのです。
他にもセットで色々あります。

上で紹介したリンクのタグは、表示しているページそのまま切り替わるものです。

私がよくつかうのは、別タブで開くやつですね。
<a href="" target="_blank"></a>
となって、ターゲット・ブランクという属性が付加されているんです。

あ、HTMLで使うタグは、半角の英字と記号のみです。
名称などを入力できる欄は、全角も可能ですが。

とまあ、ブログを書いてくうえで憶えるのは、この2つだけですね。


HTMLタグを調べるには、
HTMLクイック リファレンス
などのサイトが便利です。

ASPのアフィリエイトリンクは、色んな属性が加わっていたりします。
表示されたら分かるようになっていたり、クリックされたことも分かったり、
ASPのレポートに反映されるようになっていたりします。



ブログのリンクを作る機能を使うなら、本文入力欄の上にあるボタンの
鎖のマークのボタンを使います。

先に、リンク先の名称などを本文中に書きます。
そうしたら、その文字列をマウスなどで選択します。

その状態で、リンクのボタンを押すと、URLの入力欄が表示されます。
その中にURLを入力すればいいのです。

でも、別タブとかは指定できないんですよね。
ですから、リンクタブを表記しながらするほうがいいでしょうね。



毎回、タグを入力していたり、どこからかコピペしてたりするのは面倒ですよね。
そこで便利な方法を紹介しましょう。

OfficeソフトのWordかExcelがあるのが条件なんですが、
あれば、どちらかを起動させます。

パソコン画面の右下の方に、IMEのアイコンがあればそれをクリックか、
なければ入力方法を表す「A」か「あ」となっているのを右クリックします。

そうしたら、項目の中にある「単語の登録」をクリックすると
単語の登録というウインドウがでます。

「単語」の欄に <a href=""></a> を入れて
「よみ」の欄に りんく と入れたりします。
品詞は名詞のままにして、「登録」します。

そうすると、文字を入力しているときに、「りんく」と打ち込んで、
変換ボタンを押すと、<a href=""></a>が変換候補で出てくるんです。
そうしたら、それを選べばすぐに表記できるんです。

その後、URLと名称をコピペするか、入力すればいいんです。

私は、
<a href=""></a> を りんく
<a href="" target="_blank"></a> を り
で登録してたりします。

よければやってみて下さい。



他にもHTMLのタグを入力することも今後増えます。
よく使うタグは、単語の登録をしておきましょう。

難しい自分の名前やフリガナや、住所など、
よく使う固有名詞や短文も、「定型文」のようなものとして登録しておきましょう。



次は、 【アフィリ講座 32 メモ帳】

【アフィリ講座 2 目次ページ】
ラベル:HTML タグ リンク
posted by 本山 at 15:53| Comment(0) | アフィリ講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: