2014年04月13日

アフィリ講座 35 SEO

【アフィリ講座 35 SEO】


今回は、SEOについて説明していきます。(読みは、エス・イー・オー)
Search Engine Optimizationと言って、
「検索エンジン最適化」というような意味ですね。

有料の広告や、メルマガでの広告などを使えば、アクセスさせて
集客につなげたりすることが出来ますね。
それをしないで、無料で検索結果での上位表示をさせるための施策のことです。

ですが、今これを書いてる時点ではあまりSEOについて過敏になることはないです。
Googleが意図的なSEOを嫌って、スパムとしてSEOを行なってるサイトを
排除することをガンガン行なっているからです。

それと、検索エンジン以外からのアクセスを流す方が、訪問者の反応が
全然良かったりする、というようなこともあるのです。
もはや検索エンジンにとらわれる必要がないのです。

最低限のことはやっておいて、あとはコンテンツという記事の内容自体を
しっかり有益で楽しめるものを書いていく方が肝心なのです。
その流れで、初めからこの講座は進めているので、文章に集中しましょう。


大きく分けると、
内部要因、内部リンク、外部リンク、の3つになりますね。

内部要因は、そのサイトやページ内で、どのような語句やキーワードが
記載されているか?ということですね。
ダイエットという語句が多ければ、ダイエットに関するページになるというわけです。

かつてはダイエットというキーワードを羅列したり、HTMLソース内に記述して
上位表示させていた経緯があります。
今は過剰なことをするとスパム扱いされてしまいます。

タグだったり、タイトルだったりを適切にやっていくだけですね。

内部リンクは、サイト内でのリンク構造というより、各ページの
被リンクの数の多さが、高評価につながっていたのです。

今は被リンクというよりは、訪問者からみた閲覧のしやすさが良いと
滞在時間などが増えて、使い勝手の良いサイトとして
再訪問されやすい便利なサイトになるのを重視すべきです。

ブログはタグ・クラウドやカテゴリや最近の記事など、各記事に勝手に
リンクが貼られてる状態のサイト構成になってるんです。
それで閲覧性が良かったり、高評価だったりしてたんです。

でも、今はブログの評価をグーグル側が下げたので、上位表示のしやすさは
落ちています。
中身のコンテンツが大事なのです。

外部リンクは、他のサイトからの被リンクのことですね。
あるページに沢山のサイトから被リンクがあると、評価が上がるということです。

それを自作自演ですることによって、上位表示させる手法が
近年のSEOの主流になっています。
今でも被リンクが、一番効果が高いと言われています。

それも、ここ1年以内で、グーグルが対策してきてるので、スパムになりがちです。
便利なサイトだから、面白いサイトだから、リンクを貼ってもらえる、
ブックマークしてもらえるサイトを目指すべきなのです。



今、グーグルは、SEOを教える教材や塾なども、チェックしているように思えます。
グーグル側がこっそり、教材買ったり、塾に入ったりして、SEOの手法を
学んで、それを無効にするようなアップデートをしているように思えます。

ちらっと書きましたが、検索エンジン自体の重要度も下がっているのと、
グーグルの対策がどんどん進むのがあるので、
SEOに労力を割いてる時間自体がムダなのです。

コンテンツを作り続けることと、人と直接つながることを、
意識しながら、ブログを書いていきましょう。



次は、 【アフィリ講座 36 登録インフォトップ】

【アフィリ講座 2 目次ページ】


posted by 本山 at 23:16| Comment(1) | アフィリ講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ブログ拝見させていただきました♪よかったら私のブログにもお越しください。よろしくお願いします(^o^)
Posted by 初めまして。吹越です。 at 2014年04月16日 22:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。