2014年05月11日

病気と思考と体と現代医療

病気と思考と体と現代医療、について書いていきます。

今の日本は医療にどっぷり浸かっています。
アメリカなどに較べると、日本国民は薬漬けの状態になっています。

それはなぜでしょう?
医薬品メーカーが儲かるからです。
儲かる社会構造になっているんです。

日本の国家予算が多額になっていて、毎年赤字になっていますよね。
その中で大きな割合を占めるのが、社会保障費なのです。
健康保険の支払いと、年金の支払いを合わせたものなのです。

風邪ひいたようだから、医者に行く。
熱が出たから、病院に行く。
そんなふうに、すぐにお医者さんに診てもらうように刷り込まれているんです。

その他にも、健康と病気に関して、間違った情報が広まっています。
色んな健康成分やサプリを獲りまくっていて、余計につきすぎたから
ダイエットして、そんな安直な足し算引き算をやってるんです。


ですから、一般に正しいと思われてる知識でなく、本当の正しい知識を
身につける必要があるんです。
と言っても、私も全部把握してる訳ではありません。

今まで刷り込まれてしまったことによって、考え方に影響していて、
考えることを引き寄せていたりします。
脳科学的には、ガンなどの病気は自分で引き寄せたものなのです。

一旦アップ


posted by 本山 at 22:14| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。